作成者別アーカイブ: kawaseou

法人設立からクリック証券法人口座開設まで

法人口座でスワップ運用

fx23

私は法人口座を作り、現在も取引をしています。
取引といっても、スワップ運用になります。
ここで、法人口座の開設方法等、具体的にお話をしていきたいと思います。

FX取引だけなら合同会社の設立がオススメ

fx24

まず、口座開設ですがこちらは法人口座になりますので法人が必要になります。
法人が必要というのは法人を作らなければなりません
法人は合同会社、株式会社の2つが代表されます。
FX取引だけなら合同会社を設立するのがいいと思います。
それには2つの理由があります。
まず、合同会社は設立費用が株式会社に比べて安いのです。
設立方法についてはここでは割愛とさせていただきます。
2つ目はFX取引を専門でやる会社や外資系企業等の名前がすでに売れている企業はわざわざ株式会社にする必要がありません
以上、このように会社設立には意味があります。

FX取引での口座について

fx25

ここではFX取引専用の会社として設立したと仮定して話を進めていきます。
会社ですから、資本金は必要です。
会社の資本金は1円からでもできますが、FX口座は開設することができません。
私の経験上、100万円は最低でも必要になります。
また、税理士など細かいコストはかかりますのでやはり、100万円が無難だと思います。
100万円を準備し、会社を設立後、法人銀行口座を開設して、FX口座を開設します。
私はクリック証券法人口座を利用しています。
クリック証券法人口座についてお話しします。
口座を申し込むとクリック証券に書類が届きます。
そして、クリック証券から、確認の電話とFXの理解について電話(口頭)で答えます。
オペレーターが20個くらい、金融知識について確認してきます。
そこで知識があるか調べられますのでしっかり、勉強しておいてください
そして、最後に電話を切り、社内審査にかけますといわれ、1週間程待ちます。
たいていの場合はここで口座が開設されます。
ここでのポイントとしては金融関係ですのでやはり、固定電話はあったほうが良いと思います。
固定電話は光電話(実質IP電話)の契約でしたら固定電話に見えますのでこのやり方も一つの方法です。

FXの勝率が業者によって変わる?!

FXの勝率が業者によって変わるというジンクスみたいなものを検討していることがあり、トータルで負けてしまう業者の口座は解約していくことになりました。負けてしまう口座は縁起が悪いということで、勝ち残っている口座だけを残しています。この口座はキャッシュバック特典が得られて、5000円か1万円ぐらいを得ているし、トレードの損益では利益が上回っているという自分にとっての勝ち馬の口座です。他の不慣れな業者の口座はまったく使いたくないと思っています。

現在のところ、約定スピードも速いし、ロスカットも速いし、機能的に優れたシステムを使っています。ロスカットが遅れるシステムの業者があるようですが、急激にレートが変化したときにロスカットが発動しなければ大損してしまうため、自動ロスカットが速いところがおすすめです。

なにしろ、実際に急激なレートの変化があったときに、自動ロスカットが遅れて大損したという事例があります。コンピューターのこととしても、レートのスピードに、ロスカットのスピードが遅れないのが当然ですが、遅れて大損したらどうなるのかよくわかっていません。

業者の選定が大切なのかもしれないという気がするし、約定スピードはどこでも一緒といえばほとんど変わりないように見えるし、一般ユーザーがわかるわけがありません。業者のシステムを信じるほかありません。

いずれにしろ、勝率に関するジンクスを信じるか信じないかといえば、信じています。自分に利益になると感じられて、違和感のない業者の選定が大切です。

どうしても使いたくないのは、いかにも証券会社っぽい雰囲気がして、マイナーな業者のシステムです。追証になりそうな気がするし、目立つユーザーの売買の行方を見ているのではないか、それで逆に売り買いして負けさそうとしているのではないかという感じがして、落ち着かない気分になります。そういう感じのするところは、口座を解約していっています。

手元の500円玉を動かせるFX

FXには様々なメリットがありますが、その1つはお金の価値を動かす事ができる点です。何もしなければ価値は動きませんが、その商品で大いに価値を動かす事ができる訳です。
例えば目の前に、500円玉が置いてあるとします。そしてそれを、例えば6時間程度放置しておいたとしましょう。果たして6時間後にその500円玉の価値が変わるかというと、まず変わりませんね。
目の前においてある500円玉は、そう簡単に価値が変わりません。たとえ1週間放置していても、価値が変わる事は無いでしょう。また1年間や10年間など放置しても、やはり同じ結果になると考えられます。
つまり500円玉は、どれだけ放置していても価値は変わらないのですね。ちょっとそれでは、面白味が無いと思います。
ところが前述のFXという投資商品を用いれば、その価値を買えることができる訳です。
というのも外貨は、そこそこアクティブに動きます。1日で1円くらいの値動きが発生するのが、決して珍しくありません。それだけの値動きが発生すると、やはり500円の価値も大きく異なってくるものなのですね。
例えばある会社の口座を用いて、南アフリカランドという外貨を1,000枚ほど購入したとします。実は上記の500円玉でも、それは可能なのですね。
実際に計算してみると分かりますが、現在のランドのレートでは、もう少し低めな金額で売買ができる筈です。
そして6時間も経過すれば、ランドはそこそこ動きます。時には0.1円分ほど動くこともありますね。0.1円分で1,000枚となると、少なくとも100円分は動くことになるのです。
500円が600円になる可能性もありますし、その逆の可能性もあるのです。そのような動きを生み出すことができるのが、FXという商品の魅力の1つです。
前述のように500円玉を放置していれば、まず価値が変わる事は無いでしょう。しかし外貨の値動きという特性を用いれば、かなり大きく動かす事ができる訳ですね。
もしも手元の資金を動かしたいと考えているのであれば、その投資商品の口座を作ってみると良いと思います。

外貨預金よりFXの方が良い2つの理由

外貨での売買をするとなると、主な選択肢としては2つあります。まず銀行などが提供している、外貨預金です。よく高金利という点がアピールされていますね。それとFXです。

その2つはよく比較されますが、積極的な売買を行おうと考えているなら、明らかに後者の方が良いと思います。それには、主に2つの理由がありますね。

まず前者の方法の場合は、基本的に外貨の上昇に期待するしかありません。レートが上昇しない限りは、利益発生は少々難しいです。なぜなら後者と違って、空売りができないからです。

後者の方法の場合は、それは簡単ですね。売りから入ることが容易な商品ですので、レートが下がっているような時でもチャンスになる訳です。ですのでちょっと下落相場になっているような時は、前者の商品はやりづらい一面があります。

それともう1つが大きいのですが、両者は手数料が大きく異なります。外貨には、スプレッドという概念があります。簡単に申し上げれば手数料なのですが、前者の商品がそれが非常に広いのですね。商品によっても違いますが、外貨1円分の手数料がかかるものもあります。外貨のレートが1円上昇するエネルギは、かなり大きいですね。かなり上がらないとなかなか利益が発生しない訳ですから、ちょっと手数料が高い訳です。

それに比べると、FXはだいぶその手数料がリーズナブルだと思います。少なくとも上記のように、1円分もの手数料が発生する事はまず有りません。どれだけ広くても、せいぜい3銭程度ではないでしょうか。それ位の上昇や下落などは、大いに見込めるものです。実際は3銭などではなく、0.3銭などと設定されている事が多いですね。両者の手数料の差はかなり大きいので、やはり私は外貨預金よりFXの方が良いと思います。

それが理由なのか、最近では銀行としてもFXを積極的に提供し始めていますね。今までその商品を提供していなかった銀行さえも、最近は随分と積極的です。恐らく銀行としても、その商品を高く評価しているのではないでしょうか。

FXはレバレッジをかけることで大きく稼げる

FXトレードの魅力としては、レバレッジをかけることで大きく稼ぐことができる可能性があることになります。

レバレッジはかけすぎるとリスクの高いものとなりますので、初心者の方や安全志向の方はレバレッジを3倍程度に抑えておくのがオススメとなっています。

うまくなってきたり、相場の流れがわかってきたのであればレバレッジを大きくかけることで短期的に非常に多くの資金を稼ぐことができるのは確かです。

ただ、コツコツドカンというような少しずつ稼いだお金を大きく飛ばしてしまわないように、レバレッジは低めに設定しておくに越したことはないです。

また、トレード方法にもよるのですが、スキャルピングなどの超短期トレードをするのであればレバレッジを高めに設定してもリスクはそれほどないものと考えます。

しかし、スイングトレードなどの中長期的なトレードするのであればレバレッジは低めに設定しておくのがオススメとなっています。

レバレッジはテコの原理と言われており、自分の持つ資産の数倍から数十倍のトレードをすることができるものになっています。

国内業者であればレバレッジは25倍までと決まっていますが、海外業者であれば数百倍のレバレッジをかけれる会社などもあります。

基本的に高レバレッジはベテランになった際に利用するもので、初心者などは低レバレッジで取引を最初のうちはするのがオススメになっています。

そして、リスク管理は非常に重要なものとなっているので、相場が思わぬ方向に行った場合には損切りするような設定を常に設定しておくのが良いです。

スキャルピングであれば数銭程度の設定になるでしょうし、スイングトレードなどの場合には数円程度の幅で設定している方が多いと思います。

デイトレードなどは数十銭から数円程度が多いですが、デイトレードは1日のうちに必ずポジションを閉めてしまうので、利益があろうと損失があろうと決済するので非常に安全な手法でもあります。

FXの売買の注意点と覗き見

FXでの売買は、場所を問いません。昨今では、スマートフォンがありますね。WiFiがつながっているような場所であれば、基本的にはどこでも取引ができるでしょう。持っているスマートフォン次第では、WiFiが無いところでも取引が可能ですね。

ですので、電車の中でも売買を行う事は可能です。現に私はこの間、それを行いました。

その時の電車の中なのですが、少々混んでいる状況でしたね。あれは東京都心の地域だったのですが、帰宅途中のサラリーマンの方々が多く乗車していました。もしくはお仕事で移動中のサラリーマンだったのかもしれませんね。

ところで、果たして私の行動は適切だったのでしょうか。

一般的には、それは特に問題ないと思います。現に電車の中では、スマホで何かを行っている方々をよく見かけます。電車の中でスマホの操作をする事自体は、特に問題ありませんね。

しかし今振り返って思うと、私はちょっと危なかったかもしれません。というのも、FXの売買の為には自分の口座の情報も見なければならない事があるからです。

口座の情報を見てみると、自分の個人情報に関わるものが記載されている場合があります。具体的にどのFXの業者で、何円程度を入金しているかが表示される訳ですね。

そして電車の中というのは、不特定多数の方々がいらっしゃいます。誰かにそれを見られてしまうと、悪用されてしまうかもしれませんね。

電車の中でFXの売買を行う事自体は特に問題はないのですが、ちょっと周囲には気をつけた方が良いと今は思います。いわゆる覗き見防止を考えた方が良いと思うのです。

それは何もスマートフォンに限りません。ノートパソコンなどでもFXの売買は可能だと思うのですが、あれもやはり覗き見を警戒した方が良いと思います。

FXには、外貨の変動に伴うリスクが存在します。しかしそれ以外に、誰かから覗き見られるリスクも案外と軽視できないのではないかと思う次第です。

基本的にこの金融商品は、誰にも見られない場所で売買を行うのが無難だと思います。

FXのレバレッジとロスカット

FXはレバレッジをかける事でたくさん買う事が出来るので資金を早く増やしたいという人におすすめです。レバレッジをかけると、リスクが伴います。

10万円の資金で1000通貨を買えば1円逆方向に動けば、1000円の損になります。

1万通貨の場合だと1円で1万円の損という事になります。FXでは一気にレバレッジをかけて1万通貨買ったりすることができて、便利だと思うでしょうが、よく考えてみてください。

1000通貨と1万通貨を比べるとこんなにも違います。果たしてレバレッジをかけることが便利で安全といえるでしょうか。

使い方にもよりますが、初心者にはレバレッジをかけて一気に買うということをおすすめしません。
FXを始めるにあたって振り込む金額は人それぞれですが、大事なお金でやっているというのはみんなそうだと思います。

その大事なお金を失うということはしたくはないですね。でしたら、まず買いすぎないことです。ロスカットといってある程度のところまでいくと資金を守るために損切りをする機能が存在します。

それは、FXの業者によってさまざまなやり方があります。10万円の資金でロスカットが30%だとすると1000通貨を買えば、資金が1200円に減ったときにロスカットということになります。

そうなるためには90円ぐらい逆行する必要があります。相場の動きからまずそうなることはあり得ませんので大丈夫です。初心者は1000通貨から始めてスワップをもらいながら気楽に増やしていきましょう。

ナンピンは危ないと言われています。ナンピンとは逆行するごとに新規ポジションを建てることです。例えば1000通貨を90円で買って89円に下がった場合そこで、同枚数注文を入れます。
そして、それが90円まで戻せば90円の損をカバーして1000円の儲けとなります。このように相場が戻ればナンピンで買いコストを下げることで利益が狙えます。

10万円の資金の場合、ナンピンの間隔をもっとおおきくして10円下げたところでというふうにすると安全だと思います。自分の資金と話し合って計画性のあるナンピンなら危険ではありません。

FXはロスカットを意識してトレードをすることが大事だといえます。

どのようなチャートを利用して取引をすればいいか

FXの取引をして利益を上げるためには自分が取引をする通貨の値動きを予測する能力を身につける必要がありますが、そのための方法として次の二つの方法があります。

まず一つ目は取引をする通貨が使用されている国に関するいろいろな事情を総合的に分析して行うファンダメンタル分析です。この方法で分析をするためには世界のいろいろな国に関する知識を身につける必要があります。そのためFXの取引をこれから始めようとしている人にとっては少しハードルの高い分析方法であると言えます。

もう一つの方法は取引をするための通貨のこれまでの値動きをグラフ上にしてその形をもとに今後どのような形で値が動くのかを予測するテクニカル分析があります。テクニカル分析を行うためには必ずこれまでの通貨の値動きがグラフ上になったチャートを利用して行うことになります。

この方法で分析をするためにはチャートの利用方法をマスターすればいいので特殊な知識を覚える必要がないためFXの取引をこれから始めようとしている人でも十分覚えることが可能です。

そして基本的に一般の人がFXの取引をする場合はメインとしてテクニカル分析を用いることが多いです。そのためFXの取引をする場合においてどのようなチャートを利用して取引をすればいいのかということが問題になってきます。

そこでFXの取引をする場合にどのようなチャートを利用するのかですが、トレンド系のチャートとオシレーター系のチャートを一つずつ利用するのがいいと言えます。

トレンド系のチャートとは通貨の値がどちらの方向に進んでいるのかを見極めるものでオシレーター系のチャートとは買われすぎ売られすぎを判断するためのチャートです。

この二つを組み合わせて判断するとより精度の高い予測が可能となるので取引をして利益を出しやすくなります。

また一般的にトレンド系のチャートとして多く利用されているのが移動平均線でオシレーター系のチャートとしてよく利用されているのがRSI、ストキャスティクス、ボリンジャーバンドなどです。

FXで成功している人の特徴

FXの取引をして利益を上げることができればこれまでの自分の人生を大きく変えることができます。なぜなら他の投資よりも短期間でたくさんのお金を稼ぐことができるので、自分の収入を倍以上アップさせることも十分可能だからです。

実際FXの取引を始める前までは一般の人と同じかむしろ貧しい生活をしていた人がFXの取引を始めて月に数十万円から数百万円稼ぐことができるようになってからセレブのような生活をしている人がいます。

そして人は誰でもたくさんのお金を稼いでいい暮らしをしたいという思いを持っているのでFXで成功するということは一つの夢であると言えます。

そこでFXで成功している人の特徴としてどのようなことがあげられるのかというといくつかあります。まず自分の精神状態が安定していて余裕を感じる人です。

FXの取引で利益を出すためには冷静な判断がどうしても必要になってくるので精神状態が乱れてしまったり、すぐに頭に血がのぼってしまうような人はどうしてもうまく取引をすることができません。

そのためFXで成功するためには精神状態を安定させて常に余裕を持って生活をすることが大切になってきます。

次に決して派手ではない地味なことをしっかりすることができるということがあげられます。FXの取引で利益を出せるようになるためにはどのような取引をすればいいのかということを取引をしていく中で勉強していく必要があり、これはどうしても地味で面白みのない作業です。

そのため地味なことをしっかりすることができない人は自分の勝てる取引のパターンを見つけることができなくて、結果的に利益を出すことができないまま終わってしまいます。

それから自分の負けをある程度認めることができる人です。FXの取引をするにおいてはどうしてもある程度の損失を出してしまうことになるのですが、自分の負けを認められる人は無理だと思ったらすぐに損切りをすることができて、損を最小限に抑えることができるからです。

流動するタイプのFXのスプレッド

FXでは、スプレッドはとても大事だと思います。スプレッドというのは、いわゆる手数料に相当します。多くのFXの会社は、為替レートを2種類表示しています。

例えば現在のユーロの為替レートはBIDは128.5円で、アスクは128.8円といった具合です。ちなみにこの2つの数字は、あくまでも極端な例なのですが。その2つの数字の差ですが、0.3円になりますね。128.8から128.5引くと、0.3という数字が算出されるからです。この0.3円という数字が、いわゆるスプレッドになります。

このスプレッドは、FXの会社によって色々違いがあります。会社によっては0.3円ではなく、0.2円という所など様々です。そのスプレッドの高低で、会社を選んでいる方も多いですね。

更にそのスプレッドの変動性に関する違いもあります。例えばスプレッドが0.3円固定という所があるのです。固定されていますので、0.3円のまま動くことはありません。

ところが会社によっては、そのスプレッドが変動する所もあるのです。0.3円になっていると思ったら、0.4円や0.1円などと細かく流動するスプレッドも有ります。

この流動性があるスプレッドの場合は、意外とメリットが大きいと思います。なぜならばそのようなスタイルの場合、たまにスプレッドが非常に狭くなる場合があります。時にはスプレッドが0円に近くなる事もあるそうです。スプレッドが0円であれば、手数料は実質ゼロという事になりますね。手数料無料で取引ができる訳ですから、そのメリットは大きいと思います。

ただし注意するべきなのは、「いつでも」0円になる訳ではありません。値動きによってスプレッドが変動する訳ですから、時にはちょっと高くなる事もありますね。私の経験上、相場の動きがあまり激しくない時にスプレッドが小さくなる傾向があります。深夜の時間帯などは、値動きが比較的少ないですね。

ですので流動性があるスプレッドを採用しているFXの会社で取引をする時には、深夜などはスプレッドを節約できるかもしれませんね。