タグ別アーカイブ: 家賃滞納

家賃滞納の原因になる場合があるFX

つい最近、私の近所で滞納が発生したようです。
その方は賃貸の住宅に住んでいますので、もちろん毎月家賃を支払わなければなりません。ところがつい数週間前に、その家賃を滞納してしまったそうなのです。話に聞くと、水道を止められてしまったそうなのですが。
ところでなぜその方が滞納してしまったかというと、リスク商品が原因だったようです。その方は、先物取引を行っています。先物取引はかなりリスクが大きな商品の1つなのですが、どうも元本割れを起こしてしまったそうです。そして生活資金に影響が及んだのでしょう。このような事例があるので、投資商品では損失に気をつけるべきですね。
ところで上記のような事例は、FXでも多いに起こり得るものです。FXでかなり大きな損失額が発生する事は、よく有るのです。一晩たったら100万円の損失が発生していたという話はよく聞きます。また1000万円以上の損失が発生している事例もあります。稀に1億円の損失の話も耳にしますが。
それだけ大きなお金が動く商品ですので、本当に気をつけるべきですね。もっとも一晩で一千万円の損失になる以上、一晩でそれだけの利益が発生する可能性もある訳ですが。
ところで上記の事例からは、1つ学べる点があります。上記の方の場合、生活資金を用いて先物取引を行ったのがまずかったと思います。
もしも上記の方が、20万円の資金を持っているとしましょう。恐らく上記の方は、その20万円のほとんどを先物取引に費やしてしまったのでしょう。
そうではなく、先物取引では「生活に支障が及ばない」範囲にするべきなのです。20万円ではなく1万円程度でしたら、それほど大きな損失にならずに済みます。
FXもそれは同様です。生活資金ではなく、あくまで余剰資金に手を付けるのがセオリーだと思うのです。そうでないと上記の方のように、家賃の滞納になってしまうかもしれません。
それにしても家賃の滞納の原因になってしまうとは、ちょっと怖い一面がある商品ですね。そのようなリスクがある事をしっかり理解しておくのが、FXの基本だと思います。