タグ別アーカイブ: ロスカット

FXのレバレッジとロスカット

FXはレバレッジをかける事でたくさん買う事が出来るので資金を早く増やしたいという人におすすめです。レバレッジをかけると、リスクが伴います。

10万円の資金で1000通貨を買えば1円逆方向に動けば、1000円の損になります。

1万通貨の場合だと1円で1万円の損という事になります。FXでは一気にレバレッジをかけて1万通貨買ったりすることができて、便利だと思うでしょうが、よく考えてみてください。

1000通貨と1万通貨を比べるとこんなにも違います。果たしてレバレッジをかけることが便利で安全といえるでしょうか。

使い方にもよりますが、初心者にはレバレッジをかけて一気に買うということをおすすめしません。
FXを始めるにあたって振り込む金額は人それぞれですが、大事なお金でやっているというのはみんなそうだと思います。

その大事なお金を失うということはしたくはないですね。でしたら、まず買いすぎないことです。ロスカットといってある程度のところまでいくと資金を守るために損切りをする機能が存在します。

それは、FXの業者によってさまざまなやり方があります。10万円の資金でロスカットが30%だとすると1000通貨を買えば、資金が1200円に減ったときにロスカットということになります。

そうなるためには90円ぐらい逆行する必要があります。相場の動きからまずそうなることはあり得ませんので大丈夫です。初心者は1000通貨から始めてスワップをもらいながら気楽に増やしていきましょう。

ナンピンは危ないと言われています。ナンピンとは逆行するごとに新規ポジションを建てることです。例えば1000通貨を90円で買って89円に下がった場合そこで、同枚数注文を入れます。
そして、それが90円まで戻せば90円の損をカバーして1000円の儲けとなります。このように相場が戻ればナンピンで買いコストを下げることで利益が狙えます。

10万円の資金の場合、ナンピンの間隔をもっとおおきくして10円下げたところでというふうにすると安全だと思います。自分の資金と話し合って計画性のあるナンピンなら危険ではありません。

FXはロスカットを意識してトレードをすることが大事だといえます。