タグ別アーカイブ: レバレッジ

FXはレバレッジをかけることで大きく稼げる

FXトレードの魅力としては、レバレッジをかけることで大きく稼ぐことができる可能性があることになります。

レバレッジはかけすぎるとリスクの高いものとなりますので、初心者の方や安全志向の方はレバレッジを3倍程度に抑えておくのがオススメとなっています。

うまくなってきたり、相場の流れがわかってきたのであればレバレッジを大きくかけることで短期的に非常に多くの資金を稼ぐことができるのは確かです。

ただ、コツコツドカンというような少しずつ稼いだお金を大きく飛ばしてしまわないように、レバレッジは低めに設定しておくに越したことはないです。

また、トレード方法にもよるのですが、スキャルピングなどの超短期トレードをするのであればレバレッジを高めに設定してもリスクはそれほどないものと考えます。

しかし、スイングトレードなどの中長期的なトレードするのであればレバレッジは低めに設定しておくのがオススメとなっています。

レバレッジはテコの原理と言われており、自分の持つ資産の数倍から数十倍のトレードをすることができるものになっています。

国内業者であればレバレッジは25倍までと決まっていますが、海外業者であれば数百倍のレバレッジをかけれる会社などもあります。

基本的に高レバレッジはベテランになった際に利用するもので、初心者などは低レバレッジで取引を最初のうちはするのがオススメになっています。

そして、リスク管理は非常に重要なものとなっているので、相場が思わぬ方向に行った場合には損切りするような設定を常に設定しておくのが良いです。

スキャルピングであれば数銭程度の設定になるでしょうし、スイングトレードなどの場合には数円程度の幅で設定している方が多いと思います。

デイトレードなどは数十銭から数円程度が多いですが、デイトレードは1日のうちに必ずポジションを閉めてしまうので、利益があろうと損失があろうと決済するので非常に安全な手法でもあります。

FXのレバレッジとロスカット

FXはレバレッジをかける事でたくさん買う事が出来るので資金を早く増やしたいという人におすすめです。レバレッジをかけると、リスクが伴います。

10万円の資金で1000通貨を買えば1円逆方向に動けば、1000円の損になります。

1万通貨の場合だと1円で1万円の損という事になります。FXでは一気にレバレッジをかけて1万通貨買ったりすることができて、便利だと思うでしょうが、よく考えてみてください。

1000通貨と1万通貨を比べるとこんなにも違います。果たしてレバレッジをかけることが便利で安全といえるでしょうか。

使い方にもよりますが、初心者にはレバレッジをかけて一気に買うということをおすすめしません。
FXを始めるにあたって振り込む金額は人それぞれですが、大事なお金でやっているというのはみんなそうだと思います。

その大事なお金を失うということはしたくはないですね。でしたら、まず買いすぎないことです。ロスカットといってある程度のところまでいくと資金を守るために損切りをする機能が存在します。

それは、FXの業者によってさまざまなやり方があります。10万円の資金でロスカットが30%だとすると1000通貨を買えば、資金が1200円に減ったときにロスカットということになります。

そうなるためには90円ぐらい逆行する必要があります。相場の動きからまずそうなることはあり得ませんので大丈夫です。初心者は1000通貨から始めてスワップをもらいながら気楽に増やしていきましょう。

ナンピンは危ないと言われています。ナンピンとは逆行するごとに新規ポジションを建てることです。例えば1000通貨を90円で買って89円に下がった場合そこで、同枚数注文を入れます。
そして、それが90円まで戻せば90円の損をカバーして1000円の儲けとなります。このように相場が戻ればナンピンで買いコストを下げることで利益が狙えます。

10万円の資金の場合、ナンピンの間隔をもっとおおきくして10円下げたところでというふうにすると安全だと思います。自分の資金と話し合って計画性のあるナンピンなら危険ではありません。

FXはロスカットを意識してトレードをすることが大事だといえます。