法人設立からクリック証券法人口座開設まで

法人口座でスワップ運用

fx23

私は法人口座を作り、現在も取引をしています。
取引といっても、スワップ運用になります。
ここで、法人口座の開設方法等、具体的にお話をしていきたいと思います。

FX取引だけなら合同会社の設立がオススメ

fx24

まず、口座開設ですがこちらは法人口座になりますので法人が必要になります。
法人が必要というのは法人を作らなければなりません
法人は合同会社、株式会社の2つが代表されます。
FX取引だけなら合同会社を設立するのがいいと思います。
それには2つの理由があります。
まず、合同会社は設立費用が株式会社に比べて安いのです。
設立方法についてはここでは割愛とさせていただきます。
2つ目はFX取引を専門でやる会社や外資系企業等の名前がすでに売れている企業はわざわざ株式会社にする必要がありません
以上、このように会社設立には意味があります。

FX取引での口座について

fx25

ここではFX取引専用の会社として設立したと仮定して話を進めていきます。
会社ですから、資本金は必要です。
会社の資本金は1円からでもできますが、FX口座は開設することができません。
私の経験上、100万円は最低でも必要になります。
また、税理士など細かいコストはかかりますのでやはり、100万円が無難だと思います。
100万円を準備し、会社を設立後、法人銀行口座を開設して、FX口座を開設します。
私はクリック証券法人口座を利用しています。
クリック証券法人口座についてお話しします。
口座を申し込むとクリック証券に書類が届きます。
そして、クリック証券から、確認の電話とFXの理解について電話(口頭)で答えます。
オペレーターが20個くらい、金融知識について確認してきます。
そこで知識があるか調べられますのでしっかり、勉強しておいてください
そして、最後に電話を切り、社内審査にかけますといわれ、1週間程待ちます。
たいていの場合はここで口座が開設されます。
ここでのポイントとしては金融関係ですのでやはり、固定電話はあったほうが良いと思います。
固定電話は光電話(実質IP電話)の契約でしたら固定電話に見えますのでこのやり方も一つの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>