短期売買でありがちな

FXのトレードを行う際に、長い期間をかけて利益を出すやり方と短期で取引するやり方があります。今は、インターネットなども普及していき取引のタイミングが自由自在に個人で行うことが出来るようになったので、この取引を行う人が増えています。短期トレードとは、人によってどのくらいが短期なのかは違ってきますが、4時間を短期という人もいれば、5秒~10秒の期間を短期という人もいます。短期トレードとは、一般的に「スキャルピングトレード」と呼ばれて、短期間に売ったり買ったりを繰り返すことにより為替差益を狙った取引を行うことを指します。この取引では、ほんの数秒で何万円の儲けを出したり、何万円もの損失を出したりするのが特徴です。この、取引は、心理の問題がかなり大きく働くので、失敗するのが嫌だと思う人は、あまり向いていないかもしれません。現に、この取引では、初心者の人が失敗するケースがかなり多いです。この取引において初心者の人が良く失敗する理由として、最初に決めていた、ところまでいかなければ、やめることが出来ないということです。例えば、100円の利益が出たらやめるといっていたものの100円をすぐに超えてしまったので、もう少し粘ろうともい、一つの取引にこだわってしまい、いつの間にか、マイナスになってしまっていることがあります。また、時間を30分と決めて始めたのにもかかわらず利益が出ていないので、なかなかやめることが出来ないといった理由がそうです。短期売買には、損失がつきものですので一つ失敗したからと言って、そこにこだわってばかりいると損失が増える一方です。次に、取り返せばいいだけと割り切る度胸が特に大切です。一つの取引で時間を使っているよりは、次の取引にその時間を回していった方がダンzン有利です。短期取引では、100%は存在しないので、どれだけ勝率を伸ばすことが出来るかによって大きく変わるので、気を付けましょう。切り替えることが早い人があっているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>