FXはレバレッジをかけることで大きく稼げる

FXトレードの魅力としては、レバレッジをかけることで大きく稼ぐことができる可能性があることになります。

レバレッジはかけすぎるとリスクの高いものとなりますので、初心者の方や安全志向の方はレバレッジを3倍程度に抑えておくのがオススメとなっています。

うまくなってきたり、相場の流れがわかってきたのであればレバレッジを大きくかけることで短期的に非常に多くの資金を稼ぐことができるのは確かです。

ただ、コツコツドカンというような少しずつ稼いだお金を大きく飛ばしてしまわないように、レバレッジは低めに設定しておくに越したことはないです。

また、トレード方法にもよるのですが、スキャルピングなどの超短期トレードをするのであればレバレッジを高めに設定してもリスクはそれほどないものと考えます。

しかし、スイングトレードなどの中長期的なトレードするのであればレバレッジは低めに設定しておくのがオススメとなっています。

レバレッジはテコの原理と言われており、自分の持つ資産の数倍から数十倍のトレードをすることができるものになっています。

国内業者であればレバレッジは25倍までと決まっていますが、海外業者であれば数百倍のレバレッジをかけれる会社などもあります。

基本的に高レバレッジはベテランになった際に利用するもので、初心者などは低レバレッジで取引を最初のうちはするのがオススメになっています。

そして、リスク管理は非常に重要なものとなっているので、相場が思わぬ方向に行った場合には損切りするような設定を常に設定しておくのが良いです。

スキャルピングであれば数銭程度の設定になるでしょうし、スイングトレードなどの場合には数円程度の幅で設定している方が多いと思います。

デイトレードなどは数十銭から数円程度が多いですが、デイトレードは1日のうちに必ずポジションを閉めてしまうので、利益があろうと損失があろうと決済するので非常に安全な手法でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>