月別アーカイブ: 2014年11月

どのようなチャートを利用して取引をすればいいか

FXの取引をして利益を上げるためには自分が取引をする通貨の値動きを予測する能力を身につける必要がありますが、そのための方法として次の二つの方法があります。

まず一つ目は取引をする通貨が使用されている国に関するいろいろな事情を総合的に分析して行うファンダメンタル分析です。この方法で分析をするためには世界のいろいろな国に関する知識を身につける必要があります。そのためFXの取引をこれから始めようとしている人にとっては少しハードルの高い分析方法であると言えます。

もう一つの方法は取引をするための通貨のこれまでの値動きをグラフ上にしてその形をもとに今後どのような形で値が動くのかを予測するテクニカル分析があります。テクニカル分析を行うためには必ずこれまでの通貨の値動きがグラフ上になったチャートを利用して行うことになります。

この方法で分析をするためにはチャートの利用方法をマスターすればいいので特殊な知識を覚える必要がないためFXの取引をこれから始めようとしている人でも十分覚えることが可能です。

そして基本的に一般の人がFXの取引をする場合はメインとしてテクニカル分析を用いることが多いです。そのためFXの取引をする場合においてどのようなチャートを利用して取引をすればいいのかということが問題になってきます。

そこでFXの取引をする場合にどのようなチャートを利用するのかですが、トレンド系のチャートとオシレーター系のチャートを一つずつ利用するのがいいと言えます。

トレンド系のチャートとは通貨の値がどちらの方向に進んでいるのかを見極めるものでオシレーター系のチャートとは買われすぎ売られすぎを判断するためのチャートです。

この二つを組み合わせて判断するとより精度の高い予測が可能となるので取引をして利益を出しやすくなります。

また一般的にトレンド系のチャートとして多く利用されているのが移動平均線でオシレーター系のチャートとしてよく利用されているのがRSI、ストキャスティクス、ボリンジャーバンドなどです。