月別アーカイブ: 2014年9月

FXの税金と3点のポイント

FXの取引をしている方々は、しばしば税金を気にしている場合があります。そしてその税金が果たして何円程度発生するかを、気にしている方々も多いですね。
FXの税金のポイントは、主に3つあります。
まず税率ですね。FXに対する率は、約20%前後になります。
例えばFXの取引による年間の利益が、50万円だったとしましょう。その場合は、翌年に発生する税金は10万円前後になります。50万円という金額に対して20%という数字を乗じますと、10万円という金額が算出される訳です。
その税金は、住民税として発生する事になります。たいてい5月か6月頃に通知が来るのですが、その時に10万円を支払う必要があります。
2つ目のポイントなのですが、トータル金額が何円になっているかです。例えばFXの取引による年間利益が、13万円だったとしましょう。その時には、税金がかかりません。
なぜなら税金が発生するかどうかは、年間利益が20万円以上になっているかどうかで決まるのです。もしも20万円以上になっていると上記のような税金が発生するのですが、20万円以下の場合は発生しません。13万円はもちろん20万円以下ですので、税金が発生しない訳です。
また13万円という利益の場合は、そもそも確定申告も不要です。しかし利益が21万円などに達している場合には、確定申告をする必要があります。
そして3つ目のポイントなのですが、経費を差し引く事ができます。FXの取引というのは、経費が発生していないように見えて発生しています。例えばネット回線の料金ですね。もしもネット回線の料金が1ヶ月6千円なのであれば、それは経費として計上する事ができます。であれば年間の経費は、単純計算で72,000円になるでしょう。
前述の利益50万円の例で申し上げると、まず50万から72,000円を引きます。すると42万8,000円という数字が算出されますね。その金額に対して、今度は0.2をかけます。すると85,600円という数字になります。それが翌年支払わなければならない税金です。
このためFXの税金では、年間利益額と20万円と経費の3つが大きなポイントといえるでしょう。

とても受講しやすいFXのセミナー

金融の投資商品には、しばしばセミナーが関係しています。
そもそも投資商品というのは、少々難しい一面がありますね。その商品で取引をする事自体は特に難しくないのですが、利益を出すとなると話は別です。コンスタントに利益を発生し続ける事ができれば良いのですが、それは簡単ではありません。やはり投資というのは、ある程度の勉強は必要だと思います。
ではどのようにすれば勉強する事ができるかというと、その方法の1つがセミナーなのです。投資会社というのは、度々セミナーを開催していますね。どのようにすれば利益を生み出す事ができるのか等を、セミナーにて説明されるケースが多いです。
ちなみにFXという商品は投資が目的です。このためFXという金融商品で利益を生み出す為のセミナーも、度々開催されています。
ところでこのFXという金融商品の場合は、セミナーの受講方法が比較的簡単なのが特徴です。というのも受講方法は、たいていWEB完結型だからです。
受講までの流れなのですが、まずFXの会社が保有しているホームページにアクセスします。すると大抵セミナーの情報が掲載されていますので、申し込みをする為のボタンをクリックします。そしてもしセミナーの空き枠があれば、参加できます。
そしてそのセミナーは、自宅でも受講する事ができます。なぜならばFXのセミナーというのはWEB完結型ですので、場所を問いません。インターネットに接続できる場所であれば、どこでも受講する事ができるのです。
ところが他の投資商品の場合は、必ずしもWEB完結型のシステムが採用されているとは限りません。例えば先物取引などの場合は、WEB完結型ではなく会場に足を運ぶタイプのセミナーが多いです。たいてい東京地域にて、そのセミナーが開催されていますね。東京の日本橋地域などで開催されているセミナーなどは、とても多いと思います。
しかしFXの場合はそこまで足を運ぶケースは少なく、むしろ自宅のパソコンで受講できるケースが多いのです。もしくはタブレット端末などを用いて、外出先で受講する事も可能なのですが。
どこかに対して足を運ぶ手間がありませんので、FXのセミナーは受講しやすいと思います。