カテゴリー別アーカイブ: FXチャート

手元の500円玉を動かせるFX

FXには様々なメリットがありますが、その1つはお金の価値を動かす事ができる点です。何もしなければ価値は動きませんが、その商品で大いに価値を動かす事ができる訳です。
例えば目の前に、500円玉が置いてあるとします。そしてそれを、例えば6時間程度放置しておいたとしましょう。果たして6時間後にその500円玉の価値が変わるかというと、まず変わりませんね。
目の前においてある500円玉は、そう簡単に価値が変わりません。たとえ1週間放置していても、価値が変わる事は無いでしょう。また1年間や10年間など放置しても、やはり同じ結果になると考えられます。
つまり500円玉は、どれだけ放置していても価値は変わらないのですね。ちょっとそれでは、面白味が無いと思います。
ところが前述のFXという投資商品を用いれば、その価値を買えることができる訳です。
というのも外貨は、そこそこアクティブに動きます。1日で1円くらいの値動きが発生するのが、決して珍しくありません。それだけの値動きが発生すると、やはり500円の価値も大きく異なってくるものなのですね。
例えばある会社の口座を用いて、南アフリカランドという外貨を1,000枚ほど購入したとします。実は上記の500円玉でも、それは可能なのですね。
実際に計算してみると分かりますが、現在のランドのレートでは、もう少し低めな金額で売買ができる筈です。
そして6時間も経過すれば、ランドはそこそこ動きます。時には0.1円分ほど動くこともありますね。0.1円分で1,000枚となると、少なくとも100円分は動くことになるのです。
500円が600円になる可能性もありますし、その逆の可能性もあるのです。そのような動きを生み出すことができるのが、FXという商品の魅力の1つです。
前述のように500円玉を放置していれば、まず価値が変わる事は無いでしょう。しかし外貨の値動きという特性を用いれば、かなり大きく動かす事ができる訳ですね。
もしも手元の資金を動かしたいと考えているのであれば、その投資商品の口座を作ってみると良いと思います。

どのようなチャートを利用して取引をすればいいか

FXの取引をして利益を上げるためには自分が取引をする通貨の値動きを予測する能力を身につける必要がありますが、そのための方法として次の二つの方法があります。

まず一つ目は取引をする通貨が使用されている国に関するいろいろな事情を総合的に分析して行うファンダメンタル分析です。この方法で分析をするためには世界のいろいろな国に関する知識を身につける必要があります。そのためFXの取引をこれから始めようとしている人にとっては少しハードルの高い分析方法であると言えます。

もう一つの方法は取引をするための通貨のこれまでの値動きをグラフ上にしてその形をもとに今後どのような形で値が動くのかを予測するテクニカル分析があります。テクニカル分析を行うためには必ずこれまでの通貨の値動きがグラフ上になったチャートを利用して行うことになります。

この方法で分析をするためにはチャートの利用方法をマスターすればいいので特殊な知識を覚える必要がないためFXの取引をこれから始めようとしている人でも十分覚えることが可能です。

そして基本的に一般の人がFXの取引をする場合はメインとしてテクニカル分析を用いることが多いです。そのためFXの取引をする場合においてどのようなチャートを利用して取引をすればいいのかということが問題になってきます。

そこでFXの取引をする場合にどのようなチャートを利用するのかですが、トレンド系のチャートとオシレーター系のチャートを一つずつ利用するのがいいと言えます。

トレンド系のチャートとは通貨の値がどちらの方向に進んでいるのかを見極めるものでオシレーター系のチャートとは買われすぎ売られすぎを判断するためのチャートです。

この二つを組み合わせて判断するとより精度の高い予測が可能となるので取引をして利益を出しやすくなります。

また一般的にトレンド系のチャートとして多く利用されているのが移動平均線でオシレーター系のチャートとしてよく利用されているのがRSI、ストキャスティクス、ボリンジャーバンドなどです。

FXで使うチャートは1つに絞り込む

FXでは、現在のトレンドを把握するのが大事になる場合があります。そのような時には、チャートが非常に重要な役目を果たしてくれるものですね。チャートはFXの必須ツールの1つだと思います。
ところでチャートは、色々な業者から提供されているものです。そして各業者によって、そのチャートには色々と違いがあります。
例えば実装されているツールの数です。A社のチャートの場合は30種類のツールが実装されていますが、B社は40種類でC社は20種類などの具合です。
また業者によっては、他の業者には見られない独自ツールを完備している事もあります。業者によって、チャートはかなり個性が豊かなものだと思いますね。
ところでチャートを使う時には、1つ注意するべき点があります。「あまり多くの業者のチャートを利用するのではなく、1社だけのチャートに限定するべき」という点です。
というのもFXでは、いつか「業者の乗り換え」をする時期が必ずと言って良いほど到来します。ある時期まではA社を使っていたものの、色々な事情があってB社に乗り換えるといった具合ですね。
そのような乗り換えをする時には、チャートの乗り換えが発生する場合があります。今までチャートCを利用していたものの、業者の乗り換えに伴ってチャートDを使うといった具合です。
ところがチャートの乗り換えは、ちょっと注意が必要です。というのも前述のように、チャートは各業者によって違いがあります。という事は、使い勝手がかなり違ってくる場合があるのです。
「今まで長らくCを用いていたものの、Dは全く画面のレイアウトが異なる」という事例はよくあります。となるとチャートを使いこなすのに困惑してしまうのです。新しいチャートの使い方を学ぶのは、意外と熟練を要するものです。慣れるまで時間もかかります。そのため時間のロスになってしまう可能性があるのです。
ですので業者の乗り換えをしても、チャートは乗り換えない方が良いです。長らくC社のチャートを使っていたのでしたら、たとえ業者を乗り換えてもC社を使い続ける方が良いと思います。その方が、新たな事を覚える手間も省けるでしょう。
細かな点かもしれませんが、「チャートは1社のみ」にするべきです。そのためにも自分にとって最適なチャートは、よく選ぶべきだと思います。